昭和45年 尼崎潮江に資本金300万円で芳生グラビア印刷を設立。
軟包装用パッケージ印刷を開始する。
 昭和50年 資本金600万円に増資。
装飾用蒸着フィルム印刷を開始する。
 昭和51年 伊丹市に伊丹工場を新設。
シュリンクラベル用印刷を開始する。
 昭和52年 資本金1,200万円に増資する。
 昭和56年 企業態勢強化のため、本社・工場を尼崎市猪名寺に移転する。
資本金4,800万円に増資する。
 昭和59年 生産体制の強化・合理化のため、本社・倉庫を全面改装する。
 平成 4年 企業態勢・生産の合理化のため、伊丹工場を本社に集結する。
 平成15年3月 伊丹サテライト工場建設。
新鋭 東芝機械GSN-120/8T 8色ストレート機導入する。
 平成18年3月 新工場(加西東産業団地)に全面移転。
伊丹サテライト工場閉鎖。
富士機械製新鋭MD-12グラビア輪転機12色(振分)機導入。
ドライラミネーターFL-2型・萩原製スリッター機・印刷検品機を導入。
 平成18年9月 軟包装衛生協議会認定工場取得 (認定工場登録228号)
 平成20年6月 エコアクション21認証取得 (認証・登録番号0002627)
平成20年12月 グリーンプリンティング工場認定取得 (認定番号H30012)
 平成21年9月  第8回印刷産業環境優良工場表彰
(社)日本印刷産業連合会会長賞受賞
 平成22年3月 創立40周年式典開催。
  平成22年9月 VOC装置及び触媒式処理装置を設置。
 平成25年11月  加西東産業団地内に新倉庫建設。
 平成26年2月 太陽光発電設備設置。
 平成26年3月 富士機械製新鋭MD-9Sグラビア輪転機9色(振分)機に入替。
   
会社沿革